こころ

結婚前に話し合った6つのこと。

 

葵 なのはです!

今回は、30代の夫婦が結婚前に話し合った6つのことについてお伝えしたいと思います。

実は、YouTubeの方ではすでに「結婚前に話し合った5つのこと」という動画を出しているのですが、他にも話したことあったな!と思い出したので、補足も兼ねて今回記事にしました。

YouTubeの方は料理の様子を背景にしておりますので、そちらもぜひお楽しみください♩

結婚前に話し合ったこと

①仕事について

付き合って1ヶ月くらいの時に夫から、

夫
そろそろ異動の希望を出す時期で、どうしようか迷ってる。

と言われたのを機に、今後のお互いの仕事の方針について話し合うことにしました。

夫になぜ迷っているか聞くと、

夫
元々異動しようと思っていたけど、結婚を視野に入れるならもう1年慣れたところで働いた方が良いかも?と思うから。

とのことでした。

私は、

なのは
なのは
婚約しているわけじゃないから、自分の元々の希望通りに動くのが良いのでは?

と返答しました。

そして、私の方針として、

なのは
なのは
在宅で出来ることをしたい。

と伝えました。

あとは、もし一緒になったら働いてほしいのかどうかを確認したところ夫は…

夫
働いても働かなくてもどちらでも好きな方でOK。

とのことでした。

「働け」と言われたから…とか、「家にいろ」と言われたからその通りにする…つもりは無いのですが、

選択の自由があること、自分の意見を尊重してもらえそうであることが分かったので、伝えてみて良かったなと思いました。

②住む場所について

先ほどの仕事の話とも繋がるのですが、結婚を、そして一緒に住むことを視野に入れてどこに住みたいか?という話をしました。

夫
職場に通いやすい場所が良い。
なのは
なのは
今一人暮らしをしている地域が良い。

そして、私が当時住んでいた家の地域で1LDKの物件を一緒に検索してみたんですが結構お高くて(涙)

あとは、私が無職でどこにいても問題が無いということから、とりあえずは夫が住む家に2人で住むのが一番経済的・合理的だということになりました。

そして、もし夫の異動先があまりに遠いようであれば引っ越しを検討しようという話でまとまりました。

③お金について

これについてはプロポーズされた翌日に話し合いました。

まずは夫が、貯金額・お給料・だいたいの支出・どんな保険に入っているかを教えてくれました。

私はというと、ここで初めてYouTubeなどから収入を得ていることを話しました。(私のYouTubeチャンネルは知りません)

そして、今後の家計については、私の収入に波があるので、基本的には夫のお給料でやりくりすることになりました。

④子どもについて

結婚の話を進めるにあたって、この話は絶対にしておかないと…と私は思っていました。

ここの考えが合わないと、

なのは
なのは
今後お互いが辛い思いをすることになるかも…

と思ったからです。

なので、付き合って3ヶ月くらいの時に、「ここが合わなくて別れることになっても仕方ない」と心にグッと力を入れて誓い、私から話を切り出しました。

結果として、

夫
いてもいなくてもOK。
なのは
なのは
今は欲しくない。

夫は子どもが好きということは知っていたので、欲しいと言うだろうなと予想していましたが違いました。

やっぱり想像しているだけじゃ本当のところは分からないですね。

私の「欲しくない」を聞いてもプロポーズしてくれたので、とりあえずは受け入れてくれたのかな?と思っています。

欲しいなら一刻も早く動き出さなければいけない年齢だと思うので、あまり悩んでもいられません。

今後欲しいと思う時がくるのだろうか…なんか普通に「欲しい」と思える自分でありたかったなと思う日もあります。その方が色々と事がスムーズそうに思える…そんな時もあります…

⑤理想について

これは付き合っている時によく夫が聞いてきました。

具体的には、理想の夫婦像や理想の休日などです。

私の場合ですが、

なのは
なのは
理想の夫婦像は親友のような関係。理想の休日は午前中に家事してランチは外食。その後は家でゆっくりして夕食はおうちごはん。

といった感じ。

夫の理想も聞いた気がしますが…忘れました!(ダメな嫁)

⑥調子が悪い時について

これまで付き合っていた時から今までケンカっぽいことはしたことが無いのですが、

一度だけ険悪ムードが漂う数日間を過ごしたことがありました。

きっかけはデート中に夫の機嫌が悪くなり、原因が分からぬままデートを終えたことでした。

そこから1日以上夫から連絡は無し。

出会った日から毎日欠かさず連絡をくれていた夫から何も音沙汰が無いことに心配な気持ちになったと同時に、これもし意図的にやっていたとしたら受け入れられない…という気持ちが湧いてきました。

結局、デートから2日後に夫から、

夫
どうやってこれから接したらいいか考えていた。

と連絡が来たのですが(事故や病気とかではなかった)、

私としてはやはり連絡が途絶えたことが受け入れがたく、その後数日間はLINE上で少しドライに接してしまいました。

この状況に夫は、

夫
このまま結婚するのはまずい!話し合いをしよう!

と提案してきました。(前置きがめっちゃ長くてすみません!!)

議題は、調子が悪い時の傾向と対策(笑)

調子が悪い時はどんな時?どうすれば調子が良くなるかを夫が買ってきたノートにお互い書き出しました。

夫の場合

  • 調子が悪い時の傾向→仕事で疲れている
  • 調子が悪い時の対策→おやつなど甘いものを与える

だそうで、デートの時に不機嫌になったのは疲れ+私に少し原因があったことが話す中で分かりました。(それはすまんかった)

私の場合

  • 調子が悪い時の傾向→生理前後、疲れている、不安なことがある
  • 調子が悪い時の対策→1人時間を設ける、一緒にいるなら手をつなぐ

と伝えました。

もしまた同じようなことがあれば、傾向と対策のメモを見直そうと2人で決めました。

話し終わる頃にはお互いいつも通りのテンションに戻れていて、私は「これなら結婚しても大丈夫だ!」と思えました!

まとめ

以上6つが結婚前に話し合ったことでした!

結婚相手の条件や向いている人みたいな話になると「話し合いが出来ること」が挙がることも多いですが、自分が実際にその立場になってみて本当にそうだったなと感じています。

これからも何かぶつかったりした時には、必ず話す時間を設けて仲良くやっていきたいと思います。

それでは♡